中小企業診断士 会社を設立するには?

会社を設立するには何が必要?

中小企業診断士のアレグレです!
最近はフリーランスや独立と言った言葉が流行っています。
それに伴い私にも会社設立の相談がよくあります。
今日は会社設立するにはどんなことが必要なのか記載したいと思います。

やることはたくさんある?

会社を設立することになると本当にやることが多いです。
もちろん創業人数や資本金額でも異なりますが設立手続きと運営手続の2つが考えられます。
今回は株式会社を前提に話をします。

■設立の手続き
・定款作成
・定款認証
・資本金払込
・登記申請
・税務署申請
・労基署申請
・年金事務所申請

■運営の手続
・ロゴ作成
・HP作成
・名刺作成
・オフィス確保
・営業資料作成
・電話番号/ファックス番号
・ドメイン取得/サーバー取得
・メールアドレス
・会計ソフト
・労務ソフト

上記はベーシックの内容です。
当然どこまで必要化か、どこまでやるのかは事業内容によります。
これに派遣事業等になると許認可が必要でかなりの労力がかかります。

法人化すると信用力が高まるがコストも増加

皆さんこんな経験ありませんか?
本当に小さいことですが法人化しているのに名刺には個人のようなメールアドレスが書いてあったり、
ホームページがブログのような方がいらっしゃいます。

私は違和感覚えますが、みなさんも担当者としてそのような企業と打ち合わせると不安に感じないでしょうか?w
私は不安に感じますw
つまり、法人化するにはそれなりのコストが必要で、しっかり法人として運営していることをアピール必要があると考えます。

Alegrestyle(アレグレスタイル)とは?

アレグレとはポルトガル語で陽気を意味します。
陽気な毎日を情報としてお送りするサイトです。
・自身の経験や体験
・キャリア、転職、副業
・資格やライセンス
・お金
・生活の情報
・Webマーケティング

等を皆様のお役に立てるよう日々共有します。