FPが教える ファイナンシャルプランナー

2019年7月20日

人気の資格! ファイナンシャルプランナー

常に上位の人気を占めるファイナンシャルプランナー。
みなさんも一度は目にされたことがあると思います。

ファイナンシャルプランナーは、名の通りお金をプランニングする人です。
お金の悩みや課題を発掘し、お金の計画を作成するのが主な仕事になります。

一見ただの資格のように見えますが、私は資格と言うより、すべての知識が私生活にも関わるので自分の身を自分で守るとの意味でもかなり効果的な資格です。
多くの資格は、理論が多く、「これ実務で生きるのかな?」って内容が多いですがファイナンシャルプランナーはダイレクトに活かすことができますので自身のレベルアップにもオススメです!

そんなFP(ファイナンシャルプランナー)を紹介します。

なぜ私が目指そうとしたのか?

皆さんこんな事思ったことないですか?

働き出して給与明細を見ていると上記の疑問が湧いてきました。
どうやって学習しようかと考えていたところファイナンシャルプランナーに出会いました。

事実全て学習できかなり勉強になりました!
極端すぎますがこれ高校生の試験に組み込んだほうがいいじゃないかぐらい感じた内容です 。

若干複雑な制度

まずFPの種類として2つに別れます。

国家資格 民間資格
1級FP技能士 CFP
2級FP技能士 AFP
3級FP技能士

FP技能士と呼ばれるものは実は国家資格です!つまり普通にFPを受験し資格を取得すると国家資格を取得するのと一緒です。
国家資格と聞くとカッコよくないですか?w

次に疑問なのがCFPとAFPは何かと言う点です。

CFP
北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域(2019年2月現在)で認められた世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、プロフェッショナルであることを証明する資格です 。

っとFP協会では記載されています。
つまりCFPは世界で通用する資格であり、少し難易度も上がります。

AFP
2級FP技能検定の合格とAFP認定研修の修了といった要件を満たし、日本FP協会へ登録することで、付与される資格です。
こちらは国家資格です!

っとFP協会では記載されています。
つまり、AFPは国内のファイナンシャルプランナーの資格です。

結論としてこれから勉強しようとする人はAFPを選べば確実です。

どんな科目が出題されるのか?

出題科目

少し聞き慣れないかもしれませんがお金をジャンルごとに学習します。

ライフプランニング
社会保険や年金について学習します

リスク管理:
生命保険等について学習します

金融資産運用:
株や経済について学習します

タックスプランニング
所得税について学習します

不動産:
売買や土地、法律について学習します

相続・事業継承 :
相続税について学習します

まとめ

今後は試験制度、お金の情報、FPの仕事など詳細に説明していきます!

Alegrestyle(アレグレスタイル)とは?

アレグレとはポルトガル語で陽気を意味します。
陽気な毎日を情報としてお送りするサイトです。
・自身の経験や体験
・キャリア、転職、副業
・資格やライセンス
・お金
・生活の情報

等を皆様のお役に立てるよう日々共有します。