Freee認定アドバイザーが語る 実際に利用してみて

2019年7月16日

実際にFreeeを利用した感想を述べたいと思います。
利用していて感じることは従来の会計ソフトとはUIがことなり、グラフや分析データがオンラインにてオンタイムで反映されます。

わざわざ資料を作成する手間暇が必要ないので中小企業にはかなりオススメです!

フリーのトップ画面

フリーにログインすると添付画面が表示されます。
見ていただくと分かる通り1つの画面で全体がわかるようになっています。

収支も月ごとでグラフ表示されておりわかりやすいですね。
また決済期日を入力しているとアラートがでてきますので大変便利です!
支払漏れがなくせますね!

資金繰りも把握!

中小企業で一番の悩みが資金繰りです。
資金繰りは会計計上とはサイクルが異なるため、PLでは判断できません。
そのため資金繰り表を管理している方も多いですがここである程度は把握できます。
当然、未来予測が必要な場合は、フリーでは少し難しいですね。

費用レポートも取引先別や品目別で出せます!

何にいくら使っているのか費用レポートで直ぐに見ることが出来ます。
過去のを洗い出して確認する必要はありません!

今白くして隠していますがここに取引先等が出てきます。
また、消耗品の割合や人件費の割合もこちらで確認出来ますので便利ですね~

請求書の発行もラクチン!

請求書をエクセルで作成している人はいませんか?w
もうエクセルなんてやめましょう!w

フリーだとキレイでカッコいい請求書が作成できちゃいます。
また情報が整っていればメールで通知することも出来ますし、
PDFで確認することも容易です。

これは本当に便利で助かっています!

フリーの新サービスか!?資金繰りにアドバイスが来る?

フリーに資金繰り改善ナビとの機能が追加されました。
これはフリーの子会社が提供している新たなサービスです。

資金繰りが表示され予測も出されています。

資金繰り表と大きな違いは、添付画面のしたの3つです。
融資、請求書買取、カードなど資金繰り改善のサービスも付随しています。

これは他社には無いサービスになりますので中小企業の大きな味方ですね!
本当に経営コンサルとか必要なくなっちゃんですかね。。。w

まとめ

本当に中小企業の味方です。
データの分析が楽なのと予測や付随サービスと言ったこれまで会計ソフトにないサービスが数多く存在します。

ましてや経理を一人でやっている中小企業も多いはずです。
そんな方にはかなり使えるソフトだと思います!
働き方改革もありますのでぜひ一度検討してみては如何でしょうか?

Alegrestyle(アレグレスタイル)とは?

アレグレとはポルトガル語で陽気を意味します。
陽気な毎日を情報としてお送りするサイトです。
・自身の経験や体験
・キャリア、転職、副業
・資格やライセンス
・お金
・生活の情報

等を皆様のお役に立てるよう日々共有します。