中小企業診断士1次試験のデータ

資格の勉強はやはり合格率が気になりますよね~
診断士の1次試験の合格推移をまとめてみました!

1次試験の推移

*JSMECAの資料統計から抜粋し加工

意外と推移である表がありませんでしたので加工しました。
診断士の統計データは面白いものがちょくちょくあるので記載していきます!

年ごとに合格率のバラツキが大きい

年度単位での合格率は17%前後を推移しており安定しているのがわかります。
しかし注目してほしいのが黄色印です。

黄色は合格率が二桁未満のものです。
科目によっては30%超えのものもありますが低いと3.1%の差。。。

最高 財務・会計  H27  36.9%
最低 運営管理 H29 3.1%


これが何を意味しているかわかりますか?

科目合格をしていても油断できない

私もそうですが一発で合格できない方が多いと思います。
そうなると科目も戦略的に受験する必要が出てきます。
もちろん得意不得意は人ぞれぞれだと思います。

この場合どうでしょう?
上記のように運営管理を残してH29に望んだ場合、かなり厳しい戦いを強いられます。
1科目残した場合60点以上が合格ラインとしてマストになりますので補填もきかないのです。
その中で意気込んた結果不運年に当たると泣くに泣けません。。。

それを回避するためにあえて合格していた科目を受けて補填できるように受験している人もいました。これもこれで戦略の一つです。

残り1科目!っと安心しないようにしてください。

あまりにも合格率が低い場合は

上記のような誰が見てもやりすぎですよね?
私の時もありましたが無条件に4点プラスといった救済処置が出されることもあります。

たった4点と思いましたが?
国家資格は4点で人生変わりますよ!w
この救済処置がされた場合合格者が何百人と動きます。それだけ4点なり2点はあまりにも大きいのです。